樹脂製品の製造に関するご相談はお気軽に!

STAFFスタッフインタビュー

前職の機械加工の経験や知識を生かしたい

製造課製造第一グループ:Mさん

★★★今どんな仕事をしていますか?

プラスチック素材から図面の指定通りの形状に加工する仕事です。
一番最初の工程で、ここで作った製品を内容によっては第二グループ、第三グループなどの組立ての部署の工程を経て、納品になることもあります。
第一グループは現在9人います。
板物や組立てを要さないモノに関しては第一グループだけで完結しています。

私達の加工の仕事を詳しくお話しすると、プラスチックを「切る」というより「削る」の方が解りやすいかもしれません。
四角の板を倉庫から持ってきてそれをぐるっと丸く刃物を走らせてあげて削っていくと切るよりも面が比較的に綺麗に仕上がります。ただ切ってしまうだけだとどうしても端っこが欠けてしまったりとか、面ザラザラしたりしてバリがでてしまいます。
材料によって、厚さだけでも例えば、1ミリぐらいのものから15ミリ20ミリぐらいのものもありますし、あと例えば冬場ですと朝晩とかで結構寸法が変わってきたりして温度の変化とかに敏感な素材とかもあるので、加減は日々違います。
そういうところがおもしろいですね。

前職で機械加工をやっていた。
一関高専で機械科を専攻していた。

★★★会社を選んだ理由を教えて下さい。

前職は金ケ崎で三年半セラミックスの生加工をしていました。
炉に入れる前の状態のものを図面通りに削ってあげて、粉を圧縮して固めたものを最初に削ってそれを炉に入れていました。

材料は違いますが、大まかな仕事の流れとしては大きくは変わっていないと思うので、そういう意味では最初に慣れてしまえばまず戸惑うことはないかなと。
前職の機械加工の経験や知識を生かしたいと思いました。

使用している機械とか大まかに掲載されていたので最初に少しだけホームページを見ました。
最初求人とかホームページ見ただけでピンと来ていない部分はありましたけど、最初に面接して採用が決まってから見学しました。

★★★ご自身の仕事を家族や友だちに紹介するとしたら、どんなふうに伝えますか?

プラスチックの加工をしている。
プラスチックを削っているんだよ
あまり細かいことが言えないというのもあるといえばあるんですよね
図面とか機密情報扱いになってしまうので

機械加工をしている。になっちゃいますかね
思い切りまとめてしまうと
それが一番伝わりやすいですかね

★★★仕事の中で、難しかった・大変だったことはなんですか?

機械の使い方を把握するっていうことが難しかったです。
機械の種類は前職と異なっていますし、一年くらい前に機械を入れ替えたこともあったので、それを一から習得することが大変でした。
そしてプラスチック材料の種類を把握する事や、図面を起こすところが一番大変、正確に絵を描いてあげるのが大前提になってしまうので。

★★★仕事の中で、楽しかった・面白かったことはなんですか?

難しい形状の製品を作れた時
機械そのものが好き

難しい形状のものを実際に形にできた時、達成感があります。

図面来た時点で、おっとこれは、手応えがあるそ、という感じ、のがある。
CAD上で起こす自体が大変だぞ、時間がかかる
かかるものでも一時間はかからない、ただの板ものだと10分15分あれば
これは大変だというものでも1時間、月に2、3件ある。

1時間で書いたものを削るのは、大きさにもよりますが
長いものだと2時間、3時間とか
絵が書いてある平面的なものが、立体的になるのが楽しいですね

仕事している時は一人で考えたり、動いていることが多いですが機械そのものが好き、機械を操作して何かを生み出す自体をやっていて面白いなぁと。

★★★入社して感じたギャップはありますか?

全般的になんですけど、いい言い方をすれば自主性を尊重している
やってみろ的な、チャレンジしてみて
仕事内容もそうですし、ことある決まり事なんかもそうなんですけど
自分たちで決めてね、工夫しろと
ガチガチかな、決まっているものだと思っていたら、そこ工夫してもいいんだよと
そこがギャップでした。

スタッフインタビュー一覧

採用情報に関するお問合せ

採用応募フォーム